2014年7月アーカイブ

週末看護師さんと二人で飲みに行った、そこで看護師さんと旦那さんの・・いや元旦那さんの話しを聞いた。看護師さんと元旦那の出会いは飲み会だったらしい、といっても元旦那はその飲み会会場の店員で最初は看護師さんからアプローチをして付き合うことになった。お互い過去に辛い経験があったり、当時の環境に満足していなかったこともあり二人で居る時間が増えれば増えるほどもっと一緒にいたいと思うようになった。ちなみにその看護師さんは乳児院に転職した看護師だ。

お互いがお互いを求め、二人で依存し合うような関係だった。看護師さんの仕事が忙しいため、会える時間が少なかったことが更に二人の気持ちを盛り上げることになってしまった。看護師さんは「あの時仕事中に連絡がくるたびに、本当はしつこいと思ってたんですけどね。でも二人きりになるとそんなこと言えなくて、雰囲気に流されてたのか彼に合わせていたのか・・。」と言っていた、流されやすいのは確かだろうし母性も働いてしまってたんだろう。

お互いの弱い部分を見せ合うことで、お互いの傷を舐めあうように更に依存する。このときすでに間違いを犯していたんだろう、なんのためにお互いが一緒にいるのかを考え直すことができていたらもしかしたらあんなことにはなっていなかったかもしれない。

このアーカイブについて

このページには、2014年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年6月です。

次のアーカイブは2014年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク